カテゴリー
プログラミング学習

【小学生】プログラミングの学び方 ”通学スクールが一番だよ”

・プログラミングってどんな種類があるの?
・小学生は「いつから」「どれ」を学ぶのがいいの?
・プログラミングはどこで学ぶの?

こういった疑問に答えます。

■本記事の内容
・プログラミングの種類は?
・小学生は「いつから」「どれ」を学ぶか
・小学生がプログラミングを学ぶ3つの方法

ITエンジニア歴9年,プログラミング講師歴21年。
30年間プログラミングと共に生きてきた私が,お伝えします。

1 プログラミング言語の種類は?

プログラミングとは,コンピュータへの指示を書き連ねた文書である「プログラム」を作ることで,プログラムを作るためにはプログラミング言語を使用する必要があります。

小学生がプログラミングを学ぶ場合,プログラミング言語の種類は大きく分けると「ビジュアル言語」と「テキスト言語」に分類されます。

(1)ビジュアル言語

プログラムを英単語や数字などの文字で表さず,ブロック型の「10歩進む」「右へ進む」などと書かれたアイコンをマウスで動かして組み合わせることで様々なプログラムを作ることができます。

簡単かつ直感的に使うことができ小学生でも使いこなすことができ,パソコンやタブレット端末さえあれば手軽に始められます。

Scratch実行画面

(2)テキスト言語

英単語がベースとなり,いろいろなことができる反面,指示の仕方を覚えキーボードを使って入力しなければなりません。

低学年の子どもには難しいですが,実際の仕事で使うのはテキスト言語ですし,自在にプログラミングできるのもテキスト言語です。

Processing実行画面

2 小学生は「いつから」「どれ」を学ぶか

(1)いつから学ぶ?

ビジュアル言語「Scratch」の場合,小学2年生くらいから学ぶことができますが,これを読んでいる「いま」が学び始めのタイミングです。

プログラミングに興味を持ち,やってみたいと思うタイミングでプログラミングを始めるのがベストです。

(2)どれを学ぶ?

ビジュアル言語「Scratch」から学び始め,自分でオリジナルゲームが作れるくらいなったら,テキスト言語にステップアップすることをお勧めします。
プログラミングの自由度の高いテキスト言語で早く学んだ方が,世界は広がります。

いきなりテキスト言語からスタートする方法もありますが,プログラミングの楽しさを味わう前に挫折してしまう可能性も高いので,できればビジュアル言語から学び始めましょう。

テキスト言語の種類は100種類以上ありますが,初心者であればJavascript,Processing,Pythonのどれかから始めるのが良いです。
どのテキスト言語で始めても「プログラムの考え方」は共通ですので,どれか一つを学べばOKです。

3 小学生がプログラミングを学ぶ3つの方法

(1)通学スクールに通う

使われる教材は、初心者でもとっつきやすいビジュアル言語(Scratch)か、大人も使う本格的なテキスト言語(JavascriptやC#)となります。

ゲームを制作しながらプログラミングを学ぶスクールも多いので、ゲーム好きな子供にもおすすめです。

従来のパソコン教室でプログラミングを教える所も増えてきました。ショッピングモールの一角などに教室があることも多く、立地が良いのも魅力です。

また,ブロック教材を使ってロボットを組み立て、プログラミングすることで動かすのがカリキュラムの中心となるロボット・ものづくり系教室もあります。

[メリット]
・わからないことをすぐ聞ける
・個人のペースに合わせて学べる
・一緒に学ぶ仲間がいる

[デメリット]
・費用が高め
・通学に時間がかかる
・実施場所が首都圏や大きな都市に限られる。 

(2)オンラインスクールで学ぶ

授業は動画で提供されていることが多く、習得するまで何度も繰り返し見ることができ、反復学習も可能。ビデオ通話やチャットで講師とのやり取りもできます。
 
もちろん、リアルタイムで授業を受けられるスクールもあるので、好きなスタイルのスクールを選ぶとよいでしょう。

[メリット]
・近隣に教室がなくても学べる
・自宅で自分の好きな時に自分のペースで学べる
・動画や映像でわかりやすい授業内容

[デメリット]
・途中で挫折しやすい
・意思が強くないと集中できない

(3)自分で学ぶ

プログラミング学習の参考書もたくさんあり,インターネットにも情報があふれてます。しかし,初心者が参考書とインターネットで進めることはほぼ無理です。

自分で学ぶ場合は,サポートしてくれる親やプログラミング経験者と一緒に学ぶことをおすすめします。

[メリット]
・調べる癖がつく
・自力で物事を考えながら進める力が身につく

[デメリット]
・「分からないこと」が多く挫折しやすい
・「何をすればいいのか」が分からない
・質問や相談できる相手がいない

4 プログラミングスクールまとめ

(1)通学スクール

プログラミング教室数国内No.1!「QUREOプログラミング教室」

教室数2,500以上,プログラミング能力検定も受験

小学生向けプログラミング【テックキッズスクール】

サイバーエージェントが2013年から運営,コンテスト入賞者数No.1の実績

ひよこパソコン教室

近くのケーズデンキで気楽にプログラミング,その他のパソコン知識も習得可能

(2)オンラインスクール

Tech Kids Online Coaching

豊富なオンライン教材+マンツーマン面談+チャットサポート

【LITALICOワンダー】

対面式オーダーメイド授業,興味や習熟度に合わせてコース設定

D-SCHOOLオンライン

大人気のマインクラフトでプログラミングを学ぶ。個別指導コースで家庭教師的に学ぶことも可能

小学生ゲームプログラミングなら【アンズテック】

個別カリキュラムをオンライン通話でサポート。授業の最後にプレゼンテーションの時間あり。

(3)自分で学ぶ

①動画教材:おうちで学べる小学生プログラミング(Scratch3.0)

「テキスト+動画」でまずはプログラミング体験

②ビジュアル言語「Scratch」のおすすめ市販本

Scratchでつくる!たのしむ!プログラミング道場 改訂第2版 Scratch3.0対応」 ソーテック社

③テキスト言語「Processing」のおすすめ市販本

初心者でも「コード」が書ける! ゲーム作りで学ぶ はじめてのプログラミング」技術評論社

【まとめ】

おすすめの学び方は,通学スクールです。

質問がすぐできる環境や、一緒にプログラミングを学ぶ人が周りにいる環境の方がより効率的だからです。
そして,授業での体験を通じてプログラミングの楽しさを体感できるのが,通学スクールです。

スクールが近くに無い場合は,オンラインでも学べますが,自分に合ったものを選ぶことが大切です。
スクール選びでは,納得いくまで体験授業に参加し、自分にピッタリのスクールを探してみてください。

カテゴリー
プログラミング学習

【小学生】プログラミングは必要なの?”学ぶと人生無限大”

小学校でプログラミングが必修になったけど,何を学ぶのだろう?
プログラミングって将来必要なの?
プログラミングなんて難しそうなことを学ぶ必要あるのかな?
と思っている皆さんにお答えします。

レ本記事の内容
・小学校のプログラミング教育では何を学ぶのか
・プログラミングを学ぶと人生無限大
・小学生からプログラミングを学ぶ必要あるのか

ITエンジニア歴9年,プログラミング講師歴21年。
30年間プログラミングと共に生きてきた私が,お伝えします。

1 小学校のプログラミング教育では何を学ぶのか

(1)「プログラミング」という教科があるわけではありません

2020年度からプログラミングが小学校で必修化され,プログラミングが国語や算数などと同様に,基礎能力として重視されるようになりました。

しかし,小学校のプログラミング教育ではプログラミングそのものは学ぶわけではなく,プログラミングの考え方(=プログラミング的思考)をすでにある算数,理科などの教科の中に組み込まれて学ぶことになります。

「プログラミング」という教科があるわけではありませんし,成績も付きません。

つまり,プログラミング教育はプログラミング技術の習得や技術者育成が目的ではなく,プログラミングを学ぶ過程で得られる考え方である「プログラミング的思考」を習得することが目的なのです。

(2)「プログラミング的思考」とは?

小学校で学ぶプログラミング的思考とは,
「自分がやりたいことをやり遂げるためには何と何が必要で,それをどのような順番で行い,1回やって上手くいかなかった時には原因を見つけ解決していく力」
のことです。

プログラミング的思考を身に付けると,具体的にこうなります。

  • 物事を論理的に説明できるようになる。
  • 物事の手順や効率を意識して考えられるようになる。
  • 大きな課題を小さな課題に分解して理解できるようになる。
  • 自ら修正を重ねて作り上げていく姿勢が身に付く。

これは,将来どのような職業に就くとしても,時代を超えて普遍的に求められる力となります。

2 プログラミングを学ぶと人生無限大

プログラミングを学ぶと人生の選択肢が増え,未来の可能性が無限に広がります。

なぜなら,プログラムを作る過程で必然的に論理的な考え方(プログラミング的思考)が身に付き,さらに,「問題発見力」「問題解決能力」「表現力(発想力)」といった「自分の頭で考える力」を育むことができるからです。 

そして,早くからプログラミングに触れコンピュータを身近に感じることにより,コンピュータサイエンスの楽しさを体感することができます。

コンピュータサイエンスはコンピュータ活用全般を扱う学問で,科学技術計算,人工知能,コンピュータグラフィックス,ソフトウェア工学,ゲームデザインなどの専門分野があり,「科学」「技術」「工学」「数学」への興味が増します。

プログラミングを学んだ有名な人たちには,ビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者),スティーブ・ジョブス(アップル創業者),マーク・ザッカーバーグ(フェイスブック創業者)などがいますが,彼らは優れた経営者でもあるため大きなIT企業を生み出すことができました。

3 小学生からプログラミングを学ぶ必要あるのか

小学生からプログラミングを学ぶのが一番です。

小学生が学ぶのが早いと思われる方も多いと思いますが,知的好奇心が旺盛な小学生で学び始めるのがベストです。

小学生が野球,サッカー,スイミング,習字,そろばんなどいろいろな習い事をしていますが,みんなプロや専門家を目指しているのではなく,楽しいから,将来何かの役に立つから,みんなやっているからなどいろいろな理由でやっています。

近年,プログラミングに注目が集まり,プログラミングスクールやプログラミング教材などの学ぶ環境も整ってきました。

①プログラミングスクール

ここ数年,保護者の間で「プログラミングスクール」への関心が高まっています。
子供向けのプログラミングスクールも増加傾向(2020年に1万教室を突破)にあり,自宅からプログラミングが学べるオンライン式のスクールへの注目も集まっています。

通学式のスクールは首都圏に集中している傾向がありますが,徐々に家電量販店などが従来のパソコン教室のメニューを拡大し,プログラミングが学べるようになってきました。

通学できる範囲にスクールがない場合や好きな時に学べる,オンラインで受講できるスクールも増えつつあります。

②プログラミング教材

現在では,小学生でも無理なく学べるプログラミング教材が増えてきています。その一つが「ビジュアルプログラミング」です。

ビジュアルプログラミングでは,複雑な命令文や英数字などの文字を打ち込む必要はなく,直感的な操作だけでゲームやアニメが作成できます。

例えば,「Scratch(スクラッチ)」と呼ばれるビジュアルプログラミングは多くの小学生向けプログラミングスクールで使われている学習ツールで,「動かす」「繰り返す」「音を鳴らす」などの指令のブロックを組み合わせ,ブロック遊びをしている感覚でプログラミング学習ができます。

※Scratch(スクラッチ)とは
マサチューセッツ工科大学で開発されたパソコンやタブレットで無料で使用できるプログラミング環境。

【まとめ】

これから長い人生を生きて行くうえで,プログラミングは必要なスキルです。しかし,小学校の授業ではプログラミングは教えてくれません。

早い段階からプログラミングに触れることにより,これからますます発展するIT社会に立ち向かうための大きな経験と自信を身に付けることができます。

今すぐプログラミング学習を始めましょう。